タケノコハンター始動!?

寒い日が続きましたが、ようやく昼の気温が心地よい春日和になってきました。

 

常顕寺の春と言えば、タケノコさん。

 

タケノコさんといえば・・・

 

 

 

1492937489503

そうです、タケノコハンター!!

1年ものあいだ名前を温めたかいがありました。

 

 

 

 

ある気候の良い日にタケノコハンターは野性の嗅覚が働いたのでしょうか、急に外に出かけると騒ぎはじめました。

 

日向ぼっこで春を満喫してる福住職を置いてきぼりにして一人タケノコ探しに出発です。

 

 

 

 

 

 

1492937492258

タケノコハンター「これはタケノコマップではdouble exclamation住職が作ってくれたのかなるんるん (音符)

もちろん違いますし、そんな地図はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1492937496825

そして、去年と同じく逆方向へ・・・

タケノコハンター「おかしいな??」

 

 

まだまだ、タケノコへの嗅覚は完成されていないのかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

1492937499137

タケノコハンター「あっ、こっちでした冷や汗 (顔)

ようやく思い出したタケノコハンターはダッシュで裏庭へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

1492937538357

タケノコハンター「たしか、去年はここら辺にあったはず…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1492937524363

タケノコハンター「もっと奥だったかな~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1492937528551

タケノコを求める気持ちが強すぎて奥へ奥へと入ってしまっています。

危ないよ、タケノコハンター。

 

 

 

 

 

 

 

 

1492937511697

残念ながら、まだタケノコさんは地中のなかだったようです。

 

もう少し経ったらまた探そうねるんるん (音符)

 

 

 

 

 

 

1491538134837

タケノコ探しは失敗でしたが、お寺を愛するタケノコハンターは境内掃除のお手伝いをしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



観桜会

常顕寺がある上越市高田は桜の名所。

上野の恩賜公園、弘前城公園とともに「日本三大夜桜」の一つに数えられています。

約4000本の桜がキレイに咲き誇るなか、お散歩に出かけました。

 

 

DSC_0512

ちょうど満開の日です。

おや、前を歩いているのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1492159245657

タケノコハンターさんにしてはおとなしい歩き方ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1492159316346

大迫力の桜並木に緊張気味だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1492159335596

と思いきや、すぐに走りまわってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0515

皆が笑顔で桜を眺めている様子もいいですね。

来年は夜桜に行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1492158904889

福住職は留守番でしたので少し不機嫌そうでした・・・

 

 

 



マンダラぬり絵

 

 

今回はfacebookからの投稿です。

下のリンクをご覧くださいわーい (嬉しい顔)

 

★マンダラぬり絵 (facebook)★

 

 

 

 

 



雪の思い出②

長時間の雪かきで雪国の大変さを知り、意気消沈のタケノコハンター。

以後、お寺のなかで福住職と一緒にゴロゴロまったりと過ごしています。

 

 

 

そんなある日、住職がお経廻りからお寺に戻り本堂の前に行くと気配を感じました。

 

 

 

 

 

26

雪の妖精??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27

妖精の使いもいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

29

妖精ではなく、タケノコハンターでした。

復活です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28

住職を呼び寄せて記念撮影指でOK

福住職は足の裏が冷たくなり、退散しました冷や汗 (顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1488423881564 1488423875950

雪が好きになったタケノコハンターはかまくらも初体験。

 

 

 

 

 

 

 

1488422833146

レルヒ祭では金谷山スキー場でそり遊びを楽しみました。

 

 

そろそろ、雪ともお別れですね。

雪かきをしている時は大変ですが、楽しく遊んでいる姿をみると心が和らぎます。

自然の恵みに感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



雪の思い出①

平成29年2月も後半になり、降雪も落ち着いてまいりました。

上越方面は比較的に小雪で過ごしやすい冬でしたが、雪国の片鱗をうかがわせる降雪もあり、自然の強い力を感じることもありました。

そんな雪とタケノコハンターの触れ合いを紹介します。    ※タケノコハンターの由来

1月中旬に「大寒波」がやってくるということで、心の準備をしていないマイペース住職は朝起きるとビックリ!!

 

 

 

 

1

昨日まで、まったく雪はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

車の上にもどっさりです。

一晩で50㎝ほど降ったようです。

 

 

午前8時に住職が境内の雪かきを開始。

例年なら1時間半ほどで作業を終えて戻ってきますが、まだまだ終わらないそうです。

 

これは家族が助けないと・・・・

住職のピンチには福住職の出番ということで声をかけます。

福住職のことです。野生の勘で雪かきの準備をしていることでしょう考えてる顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0190

なんと!住職が頑張っているところ、この余裕ぶりですちっ (怒った顔)

 

 

 

 

 

 

 

これはいただけませんねがまん顔

 

 

 

 

 

 

 

しかし、福住職がダメなときは彼がいます。

彼ならば準備をしていることでしょう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

この日のために用意したスコップを持ってタケノコハンターの登場です。

スコップの使い方を知らずに本堂で振り回して怒られていたことは内緒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5 4

さっそく玄関前の雪かき開始です。

誰も教えていませんが分かるものなんですねわーい (嬉しい顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7 8

次は参道です。だんだんと慣れてきて腰もしっかりしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

ようやく、山門にたどり着いたタケノコハンターは住職を探します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10

手伝いのおじさんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12

住職でした!!(失礼)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15

感動の再会でしたが、住職は2時間ほどの雪かきでぐったりしてますねあせあせ (飛び散る汗)

 

タケノコハンターは指示を聞いて、本番開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16

まずは雪に埋もれた車の救出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17

住職「車に雪をかけてはダメですよ!!」

タケノコ「間違えました!(わざとです)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18

しっかり車の下の雪を取り除きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23

次は車の雪落としです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24 25

ドアに向けてスコップを振りまわし、バンバンと音を打ち鳴らすタケノコハンター。

車の傷が心配ですが、疲れていますので諦めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21 22

車からの雪を側溝にいれます。

タケノコハンターもスノーダンプデビューです。

 

 

 

 

この日は結局、4時間の雪かき、何事もほどほどが良いと思った1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 



平成29年 寒修行

1月20日より2月3日までの大寒に行われる寒修行。

上越市高田地区にある9軒のお寺と檀信徒が中心に力をあわせておこないます。

 

毎日、約40名の参加者のもと8か所の場所にわかれ、1時間以上のお題目お唱えしながらの行脚、戦前から行われる伝統ある行事です。

 

寒修行では行脚をすることが目立ちますが、参加をしてくださる方々にお茶やお供物の接待をする宿寺も大変です。

それらの負担を少なくする、そして参加の方々へのご供養の気持ちを込めて、大勢の方々がご供養を施します。

 

 

 

常顕寺では檀信徒が毎年、ご供養を手作りで奉納いたします。

 

 

 

 

 

 

DSC_0328

早速、正装で迎えるタケノコハンター、蝶ネクタイで手伝いができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0331

一つひとつ丁寧に作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0327

もう少しクイズ形式にして写真を撮りたかったのですが、すぐにばれてしまう写真ばかりになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0329

手作りのおいなりさん。100個以上作っていただきました。

もちろん住職は作ってませんのでご安心をるんるん (音符)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0332

福住職は大人の事情で下界から応援です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0333

おいなりさんが出来上がったころに再登場のタケノコハンター。

お茶の時間への嗅覚は一流ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0345

さて、寒行前には張り切っていたタケノコハンターはなかなか天候に恵まれず参加ができません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく天候も良く参加できる日がやってきました。

はたして練習の成果は発揮できるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0351

やる気と不安が入り混じる表情のタケノコハンター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0356

宿寺では自分の行く町を真剣に見つめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0353

ではなく、飴を物色。「それはお供物ですよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライング気味のタケノコハンターはしっかり寒行ができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1487420170943

まだまだ、歩くのは難しいのでおんぶです。

しかし、去年よりしっかりと成長のタケノコハンターはかなり重かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0359

無事に終えた寒修行。お供物をいただき満足げなタケノコハンター。

来年は歩けそうかな♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0375

2月4日には反省会を開き、集まった浄財の奉納先の検討や慰労会を行いました。

本年は糸魚川での大火で被災された方々への支援を中心に奉納させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



賞状

昨年の夏よりご縁をいただいて常顕寺でおこなっているお習字。

半年が過ぎたお稽古の日に先生よりサプライズプレゼントをいただきました。

 

 

 

 

1486812307683

書初めの作品を表装してくださいました。

人様に見せられない字もこのようにしていただくと何気に形になるような・・・

眺めますと、嬉しくもあり少し恥ずかしいですね(笑い)

寺庭婦人の妻は半年前が初めてのお稽古、とても上達しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1486812355513

賞状(銀賞)もいただきました。

賞状をいただいたのは、何年ぶりでしょうか・・・

タケノコハンターのお習字デビューが楽しみです。

 

 

 

字が綺麗だ汚いとのことで習字を習おうとする方は多いのですが、書道は道であり修行です。

書を通して心が健やかになっていることが実感できます。

皆さまもいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに福住職は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1486812238164

寝を極めるために修行中です眠い (睡眠)

 

 

 

 

 

 



伝統の技術

 

 

今年の冬も寒行が近づいてきたある日のことでした。

タケノコハンターが寒行の練習をしたいということで本堂から太鼓を持ってくるように伝えると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0345

それは・・・太鼓ではないですね冷や汗2 (顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0346

タケノコハンター「南無妙法蓮華経!!」

ちょっと、お鍋の使い方が違いますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

本物志向のタケノコハンターはどうしてお鍋を持ってきたのでしょうか?

 

 

 

 

実はこのお鍋、伝統あるお鍋なんです。

 

 

 

 

 

常顕寺寺庭婦人(住職の妻)の叔父は匠なる職人で、親子4代にわたり伝統の技術で銅鍋からはじまり、現在ではアルミ製品の製作をされています。

玉子焼鍋、親子鍋、行平鍋、段付鍋、寸胴鍋、半寸胴鍋、シチュー鍋、寄鍋、天ぷら鍋、フライパン等、全国の一流料亭や寿司職人が愛用されており、東京日本橋の木屋で取り扱われています。

料理を滅多にしない住職でも違いがわかる逸品、伝統と一流の技術は素晴らしいですね。

 

 

 

中村銅器製作所ホームページ

 

 

 

現在、2月8日まで日本橋の木屋本店では「江戸・銅壺屋の槌音」という展覧会も催してますので是非、お越しください。

 

IMG_0005 IMG_0006

 



福住職

 

 

 

昨年末より姿が見えない福住職。

そろそろ心配の声があがってきそうです。

噂によると水行祈祷会で活躍できなかったので修行の旅に出かけてしまったとか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

福住職は風習を大切にする男、『寝正月』を頑張って実践してました。

正月からではなく、年末から『寝正月』の練習で毎日毎日ゴロゴロと頑張ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、福住職もいよいよ平成29年の始動です。

今日はお習字の稽古の日とあって気合がはいります。

尻尾で書初めといきたいところですが、住職の雷がおちますのでタケノコハンターと仲良く見学です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1483602122054

福住職「おい、タケノコハンター!!ワイが写ってないで!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

1483601979166

タケノコ「ごめんね福住職、椅子の位置をずらしますね。」

福住職「おっ、タケノコハンターがえらい素直やな、なんか怖いで。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1483601976954

福住職「ん?なんかだんだんと机の下に入っとるで冷や汗2 (顔)

タケノコハンター「よいしょ、よいしょあせあせ (飛び散る汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1483601991359

タケノコ「でや~~~ダッシュ (走り出すさま)

福住職「タケノコハンター!!反対や、反対!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1483601975168

福住職「・・・」

 

何気に気に入った福住職です。

 

新年も仲良くスタートできたタケノコハンターと福住職。

今年も頑張ってくださいね。



平成29年 お正月

合掌 本年も宜しくお願いいたします。

昨年ご縁をいただきました方、本年ご縁をいただける方の皆さまが幸多き年になりますよう心よりご祈念申し上げます。

そんな願いを込めましてタケノコハンターが太鼓でお祈りをしてくれました。

本年もよろしくお願いいたします。

 



« 前のページ次のページ »