ありがたいお経

先日、遠壽院荒行堂の修行をされたお上人に常顕寺の仏さまにお経をあげていただきました。

 

お経は「住職が自分でお経をあげているだろう」…って、

その通りなのですが、百日間の荒行をされたお上人のお経は違います。

何が違うか・・・

力が満ち溢れているお経です。

決して、荒行に行かれていないお上人のお経に力を感じないというわけではありません。

荒行に行かれたお上人の力が凄すぎるのです。

 

 

 

 

 

 

1525861056278

妻が独占でご祈祷していただきました。

幸せものですね・・・

 

 

 

 

住職とは高校生からお付き合いをいただいているお上人。

今回は3回目のご修行です。

この日は、3時間ほどのお経を2人であげさせていただきました。

久しぶりに心行くまでのお経に心身ともに引き締まりました。

 

 

 

ちなみに常顕寺に来ていただきました、お上人の水行。

2月中旬の非常に寒い日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー 最新情報

コメント

コメント(1)

  1. 菅原真弓

    荒行を終えたご上人。見覚えがあります。
    1月に面会させて頂いたご上人ですよね。
    荒行中の雰囲気の凄さが、とても印象に残っています。これぞ修行!有難さと迫力に感動をしたのを印象深く残っています。
    そんなご上人に、あげて頂いて羨ましいです。
    良いこと沢山ありますね♪

    返信

コメントする